てふてふさんぽ

ど田舎のぐうたらフリーランス・デザイナーの備忘録とゆるふわ旅日記、ときどきフィギュアスケート

【滋賀】フェリーに乗っていざ行かん!神が住む神秘の島「竹生島」!

スポンサーリンク

竹生島(滋賀県・琵琶湖)

日本最大のパワースポットとの呼び声も高い、琵琶湖に浮かぶ竹生島

神様が住んでいる島とも言われていて、日本三大弁財天の1つ「宝厳寺」や「都久夫須麻神社=竹生島神社」があります。

そして竹生島への交通手段はフェリーのみ!

というわけでフェリーに乗って行ってきました竹生島!

竹生島へ渡る手段は船のみ!

竹生島(滋賀県・琵琶湖) 

竹生島は琵琶湖に浮かぶ周囲2km、面積0.14平方kmの小さな島。

島から一番近い滋賀県長浜市の湖岸からおよそ6キロほどのところに浮かんでます。

 

そして、この竹生島には橋などはなく、島へ渡るには船で行くしか交通手段がないのであります!

船で行くというのがまたワクワク感をそそりますよね。

THE非日常!という感じで。

乗船時間も約30分ほどなので気軽に船旅を楽しめるというのもいいです。

竹生島への航路は3つ

竹生島(滋賀県・琵琶湖)

前の記事「琵琶湖に浮かぶ神秘の島「竹生島」へ渡る手段はフェリー!3つの航路があるよ」で竹生島への航路をまとめましたが、竹生島へ渡る船が出ている港は3箇所あります。

  • 長浜港
  • 今津港
  • 彦根港

の3箇所ですね。

それぞれ船の時間や料金も違うので、自分の利用しやすい場所や時間を見て決めるといいですよ。

クーポン等でお得にフェリーに乗る

竹生島(滋賀県・琵琶湖)

自分が利用した長浜航路は往復で大人1人3,130円。

学生は2,500円で、小学生は1,570円ですが家族連れだと結構な額ですよね。

 

ちょっとでもお安くなると正直助かります。

で、実はちょびっとお得に乗る方法があるのです。

そう、それはクーポン

 

下記のリンク先のクーポンを利用するとなんと!

大人3,130円が2,820円!と約1割引になるのです!!!

 

長浜航路が1割引になるクーポンは以下のリンクからGETできます。

 

今津航路のクーポンはコチラ

 

JAF(日本自動車連盟)の会員は、JAF会員証を提示するとなんと5名まで10%オフになります!もし加入してるなら使わない手はないです。

 

長浜港・今津港から出発している琵琶湖汽船の割引情報は結構あるのですが、彦根港から出ているオーミマリンのクーポン情報はちょっと見つけられなかった。

 

割引サービスを利用する際は、当日窓口での支払い時に有効です。

琵琶湖汽船のサイトから事前予約購入できるのですが、その場合は割引が使えないみたいです。

あと当然ながら割引サービスの併用もできません。

船に乗り込み竹生島へ向けいざ出発

竹生島(滋賀県・琵琶湖)

さて、クーポンを利用してちょっとお得に竹生島へいざ出発。

船内はエアコンが効いていてかなり快適です。

そして竹生島の基本情報や観光情報の案内ビデオが流れたりとなかなか楽しいです。

竹生島(滋賀県・琵琶湖)

甲板に出ると、潮風?海風ではないし湖風でいいのかな、が実に気持ちいい。

夏真っ盛りの暑さも特に感じない。

フェリーに乗って感じる風は最高ですねぇ。

そして琵琶湖だし、海ではないので風が当然潮風ではないんですよね。

つまり海風特有?のべたっとした感じがないのであります!

さらっとしてんのね、塩気がないから。

海で感じるあの感じもいいのですが、これから島に上陸して島観光しますからね。

べたついた感じよりはさらっと爽やかな方がね、なんかいいよね。

竹生島(滋賀県・琵琶湖)

港を出発して数分もすればあっという間に湖上!周りは見渡す限り湖!

いや〜この非日常感がたまりません。

遠くにうっすら見えるのは対岸の今津あたりかな?

 

それにしてもいざ琵琶湖の湖上に出るとよくわかりますが、

琵琶湖って……

 

でっかいね!

も、海じゃん!

竹生島の名前の由来「神の斎く島」

竹生島(滋賀県・琵琶湖)

30分ほどするとついに見えてきました竹生島

いかにも島って感じの形の島ですよねぇ。

 

竹生島は琵琶湖に浮かぶ島の中では、沖島に次いで2番目に大きな島。

島内にはお寺や神社、売店などがあるけれど、基本、無人島です。

住宅はないので、島で働く人は船で行き来してるんだそうです。

 

竹生島という名前は、「神の斎く(いつく)住居(すまい)」を意味していて、

「いつくすまい」→「つくすまい」→「つくぶすま」→「つくぶしま」→「ちくぶじま」

となっていって「竹生島」となったらしい。

 

島の形が雅楽で使われる笙(しょう)という楽器に似ていることから「竹生島」という漢字がつけられたとも言われてます。

言われれば、似て、似てる、かなぁ……

 

竹生島自体は、巨大な一枚の花崗岩でできてるらしいです。

 

いよいよ神秘の島・竹生島に上陸

竹生島(滋賀県・琵琶湖)

ついに来ました!竹生島!

すごい森?山?が迫ってくる感じ、圧倒的、なんか迫力がすごい!

 

さすが神が住む島と言われるだけありますね。

島全体がパワースポットと言われるのもなんだか納得です。

竹生島は琵琶湖八景の1つ

竹生島(滋賀県・琵琶湖)

竹生島は、琵琶湖の美しい風景の「琵琶湖八景」のひとつでもあります。

その美しさから古くは「平家物語」の『竹生嶋詣』や、謡曲「竹生島」にも謳われてます。

 

  • 夕陽・瀬田石山の清流
  • 煙雨・比叡の樹林
  • 涼風・雄松崎の白汀
  • 暁霧・海津大崎の岩礁
  • 新雪・賤ヶ岳の大観
  • 月明・彦根の古城
  • 春色・安土八幡の水郷
  • 深緑・竹生島の沈影

の8つが琵琶湖八景です。

竹生島(滋賀県・琵琶湖)

船を降りてすぐのところに「琵琶湖周航の歌碑」がありました。

これは大正時代にできた歌らしいです。いわゆるご当地ソングかな。

竹生島に入るには入島料がいるよ

竹生島(滋賀県・琵琶湖)

港を降りると売店や軽食があります。

かなり心惹かれつつも島の滞在時間は限られているので、ここはグッと我慢です。

竹生島(滋賀県・琵琶湖)

売店を通り抜けた先に券売所があります。

券売所の隣にお手洗いがあります。

多分竹生島内のトイレはここだけ、かな?

 

竹生島への入島料は

  • 大人(中学生以上):500円
  • 小人:300円

です。

 

これ、フェリーの往復料金とはまた別ですよ。

竹生島(滋賀県・琵琶湖)

こちらがフェリーの往復切符と、竹生島内に入るときにもらえる竹生島入島記念切符。

竹生島(滋賀県・琵琶湖)

竹生島入島記念切符の裏面には竹生島の案内図も載ってますよ。

竹生島(滋賀県・琵琶湖)

拝観券をわたし、いざ行かん!

と思いつつもいきなり目の前に現れた急な階段……

 

島、だもんね……

けっこう階段登るのね……

竹生島に行くなら歩きやすい靴と服装で

竹生島(滋賀県・琵琶湖)これは長浜港にあった竹生島の島内が描かれたパンフレット。

モデルコースに沿って行くともれなく島内を回れます。

 

チラシのコース通りなら

  1. 竹生島港
    ↓約7分
  2. 宝厳寺本堂
    ↓約3分
  3. 三重塔
    ↓約5分
  4. 唐門・観音堂
    ↓すぐ
  5. 船廊下
    ↓すぐ
  6. 都久夫須麻(つくぶすま)神社
    ↓約5分
  7. 竹生島港

という流れですね。

単純に移動だけで20分はかかるということですね。

 

島内の滞在時間は85分なので、あんまりのんびりもできない感じかな?

時間を気にしながら回らなくては。

 

あと体力と。

 

竹生島に入るや否やいきなりの急階段で軽く心が折られそうになったけど、ガシガシ行きますよ!

まず目指すは宝厳寺本堂!

ここには江ノ島、宮島と並んで日本三代弁財天のひとつ、大弁財天が祀られてます。

 

そして宝厳寺本堂までの石段は……165段!

けっこうな階段の上り下りがありますので、動きやすい服装と靴で行くのはマストですよ!

あと熱中症予防に水分もしっかり摂ろうね。

ペットボトル持ち歩くのは重いし邪魔だけど、水分ないと死ぬよ。夏は特に。

百均とかのペットボトルホルダーを持ってくとバッグにぶら下げられるのでだいぶ楽だし便利だよ。

 

とりあえず、次回に続きます。