アドビの新アプリ「Adobe Fresco」が実にウキウキわくわく楽しいお絵かきアプリだった

記事内に広告を含みます

Adobe Fresco(アドビフレスコ)

数日前にAdobeから新しいお絵かきソフトが出たよ。

「Adobe Fresco」ってゆーんだ、色々遊べて楽しいよ♪

とゆーメールが届いておりました。

 

タイムリーにApple Pencilも買った事ですし、何と言っても無料!で使えるので早速iPadにダウンロードしてみました。

「Adobe Fresco」はアプリストアから無料でダウンロードできる

Adobe Fresco(アドビフレスコ)

次世代型?のドロー&ペイントアプリ「Adobe Fresco」。

水彩や油彩のタッチを表現でき、しかもベクターブラシまで使えるという。それだけ聞いてもかなり楽しそうであります。

 

iPad用として公開されてるので、今の所Android版はまだ無いようです。

今後公開されるのかな?

 

まぁiPadはもういつでも使えます。

アプリストアから「Adobe Fresco」と検索するとすぐに出てきます。

 

基本的には無料で使えます。

有償版にアップグレードする事でプレミアム機能を使えるようになるそうですが、当面、無料版でも十分かなと。

「Adobe Fresco」のアイコンは黄緑

Adobe Fresco(アドビフレスコ)

ダウンロードが完了すると、iPadに「Adobe Fresco」のアイコンが。

どうやらフレスコのアイコンは黄緑のようです。

 

ログインもしくはアカウント新規作成で利用開始

Adobe Fresco(アドビフレスコ)

「Adobe Fresco」を使い始めるには、まずAdobeアカウントにログインします。

アカウントがない場合は新規登録して進めます。

Adobe ID は登録だけなら無料です。

 

無料版でも2GBのストレージが使えたり、他のモバイルアプリやデスクトップアプリとの連携もできるのでかなり便利です。

「Adobe Fresco」を触ってみる

Adobe Fresco(アドビフレスコ)

「Adobe Fresco」を立ち上げるとホーム画面はこんな感じ。

 

「学ぶ」を選ぶと実践チュートリアルがあって、使い方が学べます。

「ギャラリー」ではいろんな人の作品を見ることができます。

作例を見るだけでも楽しいです。

 

作品の項目の「クラウドドキュメント」には自分の書いた作品が表示されます。

あと、同じくAdobeの描画アプリ「Sketch」と「Draw」があります。

それらを使っていると、「Sketch」と「Draw」のアートワークが「Adobe Fresco」に自動で読み込まれるのです。

しかもそれぞれ個々のドキュメントも読み込める。

すげー。

 

Adobe Fresco(アドビフレスコ)

新規作成で画面サイズを選びます。

「Adobe Fresco」はブラシが豊富


Digital Watercolors with Yellena James and Adobe Fresco | Adobe Creative Cloud

 

フレスコには、

  • ピクセルブラシ
  • ライブブラシ
  • ベクターブラシ

の3種類があります。

ピクセルブラシとライブブラシはいわゆるラスター形式のブラシ。

そしてこのライブブラシの中には水彩ブラシや油彩ブラシがあり、それぞれの質感が再現されるんです。

特に水彩ブラシのにじみ具合?滲んで行く様子がまぁ楽しい。なかなかリアルです。

 

ベクターブラシはまぁそのままベクター形式のブラシですね。

ラスターとベクターについて

ラスターとベクターの違いは、

ラスターは小さい点の集合体で、

ベクターは座標などの数値データで管理されてる、

みたいな。ざっくり言うと。

 

ラスターの方は点の集まりだから複雑な表現ができるけど、拡大するとキワがぼやける。

ベクターは数値データで管理されてるから拡大縮小しても品質は変わらないけど、その分データが膨大になるので、複雑な表現には向かない。

 

みたいな違いがあります。

 

先ほどちらっと出た、「Sketch」と「Draw」と言う描画アプリ。

「Sketch」はラスター形式で、

「Draw」はベクター形式です。

 

ついでに

Photoshopはラスター、Illustratorはベクターです。

 

だからラスターとベクターは別物という認識だったんですよね。

 

それが!

なんと「Adobe Fresco」はラスターとベクターが混在してる!

まずそこにびっくりしましたね。

まだ全然そんなとこまで使えてないけれど。

「Adobe Fresco」のライブブラシが楽しい

 

とりあえずライブブラシのにじみを触ってみたかったので水彩ブラシで遊んでみた。

ただ線を引いただけなのに、なんだか楽しい。

Adobe Fresco(アドビフレスコ)

絵の具のにじみ具合がリアルだ。楽しい。

プレミアムだとPSDの書き出しもできる

ほぼほぼ無料で使える「Adobe Fresco」。

ただ有償版にすると、

  • 全てのブラシが使える(CCライブラリのブラシも使える)
  • 100GBのクラウドストレージが使える
  • 高解像度とPSDの書き出しができる

 ようになります。

 

  • Adobe Fresco 単体プラン
  • Adobe Photoshop 単体プラン
  • Adobe Creative Cloud コンプリートプラン

のいずれかに申し込むことでプレミアム機能が使えるようになるそうです。

 

一応、アドビの「Creative Cloud」のコンプリートプランに登録しておりますので、すでにプレミアム機能が使える状態でした。わーい。

 

PSD書き出しできて、Photoshopと連携できるというのはかなりありがたいです。

 

あ、Adobeを始めようかどうしようかな〜と思ってるなら「ヒューマンアカデミー たのまな アドビソフトウェア通信 」がオススメですよ。

Adobe Creative Cloud が使えて、しかも通信講座も受けれるという結構お得なプランです。

自分も以前これを受講しました〜。

まぁ「Creative Cloud」が安く使える!というところが大きかったんですけどね。

 

 

まずは「Adobe Fresco」で本気でバナー制作、考えようかな……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA