【海外旅行】台湾旅行へ行く際に必要なものや事前に準備しておいた方がいいこと

記事内に広告を含みます

台湾 龍山寺

ゴールデンウィークに台湾に旅行に行ってきました

その前に海外旅行へ行ったのが2017年のアメリカなので実に7年ぶり!?の海外旅行

さすがに久しぶりすぎて何を準備すればいいのか調べましたよね

コロナの影響はでかかったなぁ

そして今は円安が……

【海外旅行】アメリカへ旅行に行くためにやらなきゃいけない事と準備しといてよかったなと思った事まとめ

台湾旅行で絶対に必要なもの

なにはともあれパスポート!

まぁ当たり前といえば当たり前ですが海外旅行では何はともあれ

パスポート!

が必要ですね

あと渡航先の国によってはパスポートの残存有効日数も確認しなくてはいけません

台湾への入国は一般にはパスポートの残存有効日数が6ヶ月以上必要とされていますが、日本国籍のパスポート保有者は滞在日数以上の残存期間があれば入国可能です

とはいえ残存日数があまりギリギリだとやっぱり不安なのでしっかり事前に確認しておきましょう

台湾旅行ではビザ(査証)は必要?

日本国籍の場合、観光等の目的で90日以内(到着日の翌日午前0時から起算)の滞在についてはビザ(査証)が免除されています

ただし台湾から帰国する予約済み航空券・乗船券、もしくは次の目的地への航空券・乗船券の提示が必要です

航空券とホテルの予約

台湾旅行(90日以内の観光目的)の際ビザは必要ないですが、帰国便の予約済み航空券の提示が必要なので台湾旅行が決まったら飛行機の予約をしましょう

まぁ船で向かわれる場合は乗船券の予約ですね

入国カードに滞在先の連絡先を記入する欄もあるので、台湾の知り合いの家に泊まるとかでない限りはホテルの予約も必須ですね

飛行機とホテルとセットで予約した方がお得な場合が多いので台湾旅行が決まったら航空券&ホテルの予約です

アメリカ旅行の時もお世話になった「エアトリ」さんで今回の台湾旅行の航空券・ホテルも予約しました

早割はこちら!<エアトリ>

他にも「H.I.S」や「JTB」、「Trip.com」などご自身の使いやすい、よく利用している旅行会社で忘れずに予約しましょう

HIS(エイチ・アイ・エス)

JALパック

JTB

Trip.com

新型コロナウイルス感染症のPCR検査について

2024年6月現在、台湾入境時にワクチン接種証明やPCR検査の陰性証明書を提出する必要はなく、入国後のPCR検査や待期期間もありません

マスクについても、屋内および屋内スペースでのマスクの着用は個人の判断に委ねられることになりました

ただし、次のような特殊な状況では、マスクを着用することが引き続き推奨されています。

(1) 発熱または呼吸器系の症状がある場合
(2) 高齢者や免疫機能が低下している人が外出する場合
(3) 人混みが多く適切な距離が保てない場所や風通しが悪い場所
(4) 高齢者や免疫機能が低下している人(特にワクチン接種を完了していない人)と密接に接触する場合
(5) 公共交通機関や特定の交通手段を利用する場合

現金(台湾ドル)&クレジットカード

台湾の通貨はニュータイワンドル(NT$・新台幣)

NT$1= 約4.85円(2024年6月現在)

レストランやデパート・お店などではクレジットカードが使える場所も多いです

ただ個人商店や夜市、台湾の交通系ICカード「悠遊卡(ユーユーカー)」のチャージなど現金しか使えないとこもあるのである程度の現金は必要です

日本国内での両替はあまりレートが良くないので、台湾で両替するかATMで現地通貨を引き出すのがおすすめです

GMOあおぞらネット銀行の【Mastercardプラチナデビットカード】

クレジットカードもホテルのデポジットで必要になることがあるので、海外旅行用に1枚は用意しておきたいですね

イオンカード(WAON一体型)

イオンカード(WAON一体型)

SAISON CARD Digital<CONNECT>

台湾旅行の際に準備しておくといいもの

海外旅行保険

まぁ絶対に入らなければいけないわけではないですが、海外で何かあった場合に備えて海外旅行保険は入っておいた方が安心です

海外で事故や怪我、病気になった際、言葉も通じないし不安がより募ってしまうかもしれません

また2023年以降、海外からの渡航者がコロナ陽性による治療を受ける場合、関連費用は全額自己負担!になってしまうので万が一に備えて保険は大事です

海外旅行保険に関しては旅行会社で一緒にお願いすることもできますよ

エアトリなどネットで航空券ホテルを予約した場合でも、一緒に保険入っておきませんか!?というご案内もあるのでそれを利用してもいいと思います

実際自分も台湾行きのホテルと飛行機を予約して、

  • 旅行キャンセル補償保険
  • 旅行傷害保険

に加入しました

まぁ掛け捨てにはなるけど、台湾旅行の海外保険の場合、1泊あたり500円~1,000円とそれほど高額ではないので万が一に備えてね

飛行機とホテル予約した数日後に台湾で地震おきましたからねぇ……

クレジットカードに旅行保険が付帯していることもありますが内容はしっかり確認しておきましょう

クレジットカード付帯の保険は、旅行代金をそのクレジットカードで支払っているなどの条件があったり、あまり内容が手厚くなかったりする場合もあります

ゴールド以上だと割と旅行保険もしっかりついてるかと思いますが疾病死亡補償がなかったりするので要確認です

楽天ゴールドカード

「たびレジ」を登録

「たびレジ」は外務省が畝椅子る海外の最新の安全情報を日本語で受信できる無料のサービスです

出発前から旅行先の安全情報の確認ができますし、旅行中大規模な事件や事故、自然災害などの緊急事態が発生した際に、現地の大使館・総領事館からメールで連絡を受け取ることができます

いつ何時なにがあるかわかりませんから海外へ行く際の安全に関する情報を得る手段は確保しておきましょう

外務省の「海外旅行安全アプリ」というアプリもあるのでそちらもスマホにダウンロードしておくとより安心ですね

iPhoneユーザーはこちら

Androidユーザーはこちら

台湾へ行く前に手続きしておくといいもの

入国カードのオンライン申請(任意)

台湾入国の際には入国カード(入境登記表 ARRIVAL CARD)の提出が必要です

台湾行きの機内で記入することもできますが、事前にオンライン申請できるのであらかじめ記入提出しておいた方が便利だし楽です

あらかじめオンラインで記入・提出しておくと便利です。

オンライン申請した場合、紙での提出は不要です

台湾入国カードオンライン申請

台湾新幹線(台湾高速鉄道 / 高鉄)のオンライン事前予約

日本から台湾へは

  • 桃園国際空港
  • 台北松山空港
  • 高雄国際空港
  • 台中国際空港
  • 台南空港

に直行便が就航しています

台湾のどのエリアに行くかでどの空港を利用するか選ぶことになりますが、空港からの移動の際に新幹線を利用する場合は事前に予約しておくと便利です

「KKday」ではKKday10周年割引やエバー航空就航キャンペーンなどでちょっと安く買えたりもします

ちょっとでもお得に買ってういたお金で旅行を存分に楽しみましょう

eSIMもしくはWi-Fiルータ

空港やホテル、駅などでは無料で使えるWi-Fiもありますが、Googleマップを見たり調べ物したりとネットが使えた方が断然便利です

ご自身のスマホでそのまま海外でもネットを使うには

  • モバイルWi-Fiルーター
  • eSIM

を用意しましょう

モバイルWi-Fiルーターなら複数人でシェアできたり設定も難しくありません

ただ持ち歩かなければいけないのと何人かでシェアしてる場合は、別行動ができなかったりするというデメリットも

eSIMはオンラインで申し込みができ、SIMカードを差し替える必要もありません

設定後すぐ台湾で使えて荷物にならないし料金もさほど高くないので便利です

ただちょっと設定がめんどくさいかも、です

とりあえず思い出せる限りの台湾へ旅行に行く前に準備しておいた方がいいものたちです

台湾へ持っていくといい持ち物リストはこちらの記事をご覧ください

【海外旅行】台湾へ旅行に行く際に持っていってよかったなと思った持ち物リストまとめ

台湾旅行で困ったときの連絡先一覧

日本国内

<査証・情報収集>

<主要空港>

台湾

<緊急時・現地情報>

  • 公益財団法人日本台湾交流協会 台北事務所(https://www.koryu.or.jp/about/taipei/
  • 交通部観光署トラベルホットライン:TEL:0800-011-765(通話料無料)
  • 警察 110
    ※中国語ができない場合(英語・台北市のみ)TEL:02-2556-6007
  • 消防・救急車 119

<クレジットカード会社 緊急連絡先>

<日本語が通じる病院>

台湾旅行に関するほかのおすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA