てふてふさんぽ

ど田舎のぐうたらフリーランス・デザイナーの備忘録とゆるふわ旅日記、ときどきフィギュアスケート

iPhoneのバッテリーアイコンが黄色になった!どうして?壊れた?なおるの?

スポンサーリンク

iPhoneバッテリー黄色

先日、iPhone のバッテリーアイコンが黄色になるという事態が発生!

え?

何それ?

初めて見たんですけど。

なんでいきなり黄色になったの?

 

どうやら低電力モードの時はバッテリーアイコンが黄色になるらしいよ。

そんな設定にしてないんだけど?

iPhone のバッテリーアイコンが黄色になった

iPhoneバッテリー黄色

iPhone を見ていたら、何やら違和感。

ん〜?

とよく見たら、あれ、バッテリーアイコンが「黄色」い!

 

友人のを確認したら「白」。

そうだね、白だね。

 

黄色……?

友人も初めて見たという黄色。

なぜ?

バッテリーアイコンの黄色は「低電力モード」

iPhoneバッテリー黄色

バッテリーアイコンが黄色になると、なんかエラーでもでたのかと焦りますよね!

実際すげーびびった。

 

でも!

心配ご無用!

 

iPhone は「低電力モード」になるとバッテリーアイコンが「黄色」になるんですって!

へ〜。

 

バッテリー残量が少なくなり20%切ると、

「バッテリー残量が少なくなっています」

のアラートとともに、「閉じる/低電力モード」の選択アイコンが表示されますね。そういえば。

いつもはそうなると「閉じる」を押して充電してたので気付きませんでした。

 

低電力モードにしたつもりはなかったんだけど、押しちゃってたのかなぁ。

バッテリーが80%になると自動解除される

黄色の「低電力モード」ですが、バッテリー残量が80%を超えたら自動解除されます。

なので特に焦る必要はないという事です。

 

確かにバッテリーが80%以上になったら勝手に黄色から白に変わってました。

手動で低電力モードを解除

ちなみに手動でも「低電力モード」から「通常」モードに切り替えることもできます。

80%まで充電されるの待つ間「黄色」というのもやっぱり落ち着かないわ〜という場合は手動で切り替えちゃいましょう。

 

低電力モードの解除方法は、

「設定」から「バッテリー」へいきます。

すると「低電力モード」のアイコンがあります。

 

緑色の「オン」の状態になっているところをタップして、「オフ」にします。

これで「低電力モード」が解除されます。

そもそも低電力モードとは

低電力モードとは、そのままですね。

電力の使用を減らし、バッテリーを長持ちさせること。

 

つまり通常時よりも長く使い続けることができると。

 

だったらその方が全然いいじゃん、と思いますが、低電力モードにすると一部機能が制限されるのです。

低電力モードで制限される機能

iPhone の低電力モードがオンになっていると制限される機能は、

  • メールの取得(通知が来ないので手動で確認しないといけない)
  • アプリのバックグラウンドでの更新がオフになる
  • 「Hey Siri」が使えない(普段使ってないなら問題ないけど)
  • 自動ダウンロードがオフになる
  • 自動ロックがかかる
  • iCloudの写真が一時的に停止
  • 一部ビジュアルエフェクトに影響が出る

などといった機能制限があります。

 

まぁバッテリーを長持ちさせたい時に、すぐ充電できないとか、何ができなくなるか理解した上で「低電力モード」を選択するのもアリですね。

 

ちなみに「iPad」には低電力モードはありませんでした。

iPhone のみの機能なんですね。

 

バッテリーアイコンの「色」の違い

iPhone のバッテリーアイコンはその時の状態に応じて色が変わります。

  • 通常時は「白」
  • 充電中は「緑」
  • バッテリー残量が少ない(20%以下)だと「赤」
  • 低電力モードになると「黄色」

なんですねー。

黄色以外はそう言われてみればそうだなっていう。

今回「黄色」モードもあるんだなということがわかりました。

まとめ:バッテリーアイコンの黄色は「低電力モード」

iPhoneバッテリー黄色

黄色いバッテリーアイコンは「低電力モード」です!

低電力モードになってもバッテリーが80%まで回復すれば元に戻ります。

手動で切り替えることも可能!

 

よし、これでまた「黄色」になっても焦ることはないな。