てふてふさんぽ

ど田舎のぐうたらフリーランス・デザイナーの備忘録とゆるふわ旅日記、ときどきフィギュアスケート

iPhone の充電ケーブルが黒ずんだら充電できなくなるからこまめに汚れを拭き取ろう

スポンサーリンク

iPhoneケーブルの汚れはこまめに拭き取ろう(充電できなくなる)

なんだか最近 iPhone や iPad の充電がおかしい。

接触不良なのか充電したりしなかったり。

ケーブル買い換えないといけないかな?と思ったら、どうやら充電ケーブルの黒ずみを落とすと治るらしいということでやってみた。

iPhone の充電ケーブルが黒ずむと充電できなくなる

iphone充電ケーブル黒ずみ

iPhone の充電ケーブルが黒ずんでいると接触不良を起こして充電がちゃんとされないらしい、ということで充電ケーブル確認したら……

 

あ、黒いね。

部分的に黒いけど、たぶんこれが原因だね。

 

黒ずんでいるということは、金属部分が酸化して腐食しているということですね。

そりゃ接触不良起こしますわな。

iPhone 充電ケーブルは左から4番目が酸化しやすい

ちなみに iPhone や iPad の充電ケーブルはなぜか左から4番目の接点がダメになりやすいらしい。

他はキレイなのに4番目だけ黒ずんでるとか。

 

この理由は、左から4番目の接点が iPhone や iPad の充電・給電に使われているからなんだとか。

だから他よりも最も金属が酸化しやすいので、かつ接触不良の原因になるのだそう。

iPhone ケーブルの黒ずみを拭きとる

iphone充電ケーブル黒ずみ

黒ずみをとると良いということで、安全ピンで削るという方法が紹介されてたけど、さすがに金属面を安全ピンで擦るのはちょっと怖かったので、まずはティッシュで拭き取ってみた。

ティッシュで拭き取るだけでも結構キレイになったな。

iphone充電ケーブル黒ずみ

微妙に黒いのが残っているので、綿棒と爪楊枝で優し〜くなぞるように黒ずみを落とす。

綿棒は先端が尖ってるのを使いました。

結構使えます。

 

先端が尖ってる綿棒はふつうに100均やドラッグストアで売ってますよ。

あと、さらに細かい作業ができそうな模型塗装用の綿棒とか、精密機器用の綿棒なんてのもあります。

iphone充電ケーブル黒ずみ

綿棒とつまようじでもだいぶキレイになりました!

 

iPhone  に挿してみると……

おぉ!ちゃんと充電されてる!

よしよし。

接点回復剤などもオススメ

ちなみに接続部分のお手入れには「接点回復剤」というのもいいそうです。

KURE 5-56のKUREから出てます。

5-56じゃなくて接点回復剤ですよ。お間違い無く。

「接点回復剤」は、電子部品の様々な電気接点の汚れを取り除いて、電気の流れを回復させる洗浄剤です。

黒ずんでなくて一見きれいそうでも、酸化皮膜に覆われてて充電できないというパターンもあります。

そういう時には接点復活剤で汚れを落とすと復活するということもあります。

 

あと「接点」という通り、充電ケーブルだけじゃ無くて、USBメモリとか他の端子の掃除にも使えます。

ただい用法容量は説明書を読んでしっかり守って使いましょう。

 

iPhone の充電ケーブルの掃除に使う時は、綿棒の先に接点復活剤を付けて拭き取ります。

 

他にも使えそうなので一家に1本あってもいいんじゃないでしょうか。

これならそこまで神経使わずお手入れできそうですし。

 

安全ピンはわざわざ買わなくても家にあるとはいえ、やっぱり高級テクがいると思うんですよ。

メッキが剥がれてしまう可能性もあるし、そうなると腐食するし。

手先が器用である程度知識がないとオススメできないかなぁ。

iPhone 側の汚れも確認

もし充電ケーブルの黒ずみもきれいに拭き取ったのに充電がイマイチ、という時は iPhone 側のライトニングポートも確認しよう。

充電ケーブルが汚れているということは、当然差し込む iPhone 側も汚れている可能性がありますから。

 

iPhone 側のライトニングポートが汚れていたら、キムワイプなどの毛羽立ちしにくいもので拭き取りましょう。

ティッシュとか綿棒だと繊維クズが出てしまうので、iPhone 本体の内部にホコリが溜まるのも良くないですからね。

 

キムワイプはなんぞやという方もいると思いますが、ジェルネイルをする人はもしかしたら知らず知らず触れているかも。

ジェルネイルの仕上げに未硬化ジェルを拭き取ることがあるのですが、その拭き取りの時にキムワイプ使ってたりします!

コットンとかだと繊維がついてしまうけど、キムワイプなら繊維が出ず拭き取れるのです。

それでもダメなら買い換え

充電ケーブルも iPhone 側のポートの黒ずみを手入れしてもダメなら、あきらめて買い換えましょう。

端子が剥がれたり欠けたりしてたらさすがに対処しようがないですね。

あとケーブルが断線してるなら、まいがいなく買い替えですね。

 

 

ちなみに iPhone や iPad を購入して1年以内なら無償交換してもらえますよ。

さらに「AppleCare+」に加入してるなら2年間は無償交換の対象になります。

買い換える前にまずは無償交換の対象かどうかもチェックしておきましょう!