てふてふさんぽ

ど田舎のぐうたらフリーランス・デザイナーの備忘録とゆるふわ旅日記、ときどきフィギュアスケート

【Mac】写真ライブラリーのデータを外付けハードディスクに移動してMac本体の容量を節約

スポンサーリンク

mac写真ライブラリ外付けHDD移動

Macをクリーンインストールしたものの、まぁそもそもMac自体が古いのでやや動きが鈍い。

多少なりとも軽くすべく写真iTune のライブラリデータを本体から外付けHDDに移して容量を軽くしようと思います。

写真ライブラリデータを外付けHDDに移動

mac写真ライブラリ外付けHDD移動

まずは写真ライブラリのデータの場所を確認。

Finder を開き、サイドメニューに「ピクチャ」があればその中にあります。

mac写真ライブラリ外付けHDD移動

もしサイドバーに「ピクチャ」がない場合は、

Finder のメニューバーから「移動」→「ユーザー/ホーム」から「ピクチャ」にいけます。

mac写真ライブラリ外付けHDD移動

写真ライブラリのデータを見つけたら、移したい外付けハードディスクにデータをドラッグ&ドロップでコピーします。

 

もしエラーが表示されるようなら外付けHDDを選択し「ファイル」から「情報を見る」を選択し、下の方にある「共有とアクセス権」を開き「このボリューム上の所有権を無視」のチェックボックスにチェックを入れます。

 

ちゃんとデータが移行されてるかを確認するまではピクチャ内のライブラリデータはまだ消さないでおきましょう。

ライブラリを選択

mac写真ライブラリ外付けHDD移動

普通に「写真」アイコンをクリックすると、Mac本体のライブラリデータを開いてしまいます。

移動した先のライブラリデータを開くときは、「option」キーを押しながら「写真」をクリックします。

mac写真ライブラリ外付けHDD移動

システムフォトライブラリのデータが選択されてると思います。

mac写真ライブラリ外付けHDD移動

外付けHDDに移動した方の写真ライブラリを選択します。

見分け方は、データを選択すると下にデータの場所が表示されるので

「/Volumes/ 移動した先のHDD /写真Library.photoslibrary」と移動した先の外付けHDDの名前がある方ですね。

 

データの場所を確認したら「ライブラリを選択」をクリック。

これで読み込み先のライブラリが外付けHDDのライブラリになります。

 

ちゃんとデータが入っているかを確認しておきましょう。

システムフォトライブラリを設定

mac写真ライブラリ外付けHDD移動

iCloud フォトライブラリ(写真の同期や共有)としても使う場合は、「システムフォトライブラリ」に設定します。

 

「写真」のメニューバーから「環境設定」を選択します。

mac写真ライブラリ外付けHDD移動

一般タブで、ライブラリの場所を確認します。

「外付けHDD」に移動したデータが選択されてるのを確認したら、「システムフォトライブラリとして使用」をクリック。

mac写真ライブラリ外付けHDD移動

こんな感じでグレーアウトになればOK。

 

注意点として「システムフォトライブラリ」を設定できるのは1つだけなので、もしいくつかライブラリがあるときはメインにするライブラリを決めてから設定しましょう。

 

Mac本体の写真ライブラリを削除

mac写真ライブラリ外付けHDD移動

外付けHDDに移動した写真ライブラリがちゃんと見れて、正常に動くことが確認できたら、Mac本体に残っているデータを削除します。

 

写真ライブラリには、写真、アルバム、スライドショーなどのデータが入ってるので結構な容量になります。

これが削除されるだけでもだいぶMac本体の容量が節約されます。

 

あと、外付けHDDに入ってるので別のMacでも開くことができるようになるので、何気に便利ですね。

 

やろうやろうと思いつつもつい後回しにしてましたが、せっかくの「#おうち時間」、データの整理もやっていきますかね。