てふてふさんぽ

〜ど田舎のぐうたらフリーランス・デザイナーのゆるゆる雑記帳〜

大雪の備えは大事である。常備しておくといい雪掻きグッズを紹介するね!

スポンサーリンク

雪に慣れているとは言え、今回の記録的大雪は流石にしんどい。

雪掻きで全身筋肉痛な上に腱鞘炎になりそうです…

 

雪掻きしても翌朝には、さらなる雪が積もっているのはなんなんでしょうね!

思いっきり今更だけど、今回大活躍した雪掻きグッズを紹介するね!

f:id:m-graffiti:20180209122123j:plain

雪すかしても、毎朝埋まる、車かな

スコップ

プラスチックorポリカーボネイト製のスコップ

軽いのであまり力のない女性や子供、お年寄りでも使いやすい。

ただ!

強度がないので硬い雪には向かない。

新雪のフワフワした雪をかくにはもってこいです。

積もったばかりでまだ雪が軽いうちはこれで一気に雪をほっていきます。

アルミ製やスチール製のスコップ

こちらはスコップ自体がやや重くなります。

しかしその分強度はあるので固くなった雪もざしざし崩していけます。

プラスチックやポリカ製のスコップで固くなった雪をどけようとすると下手したら折れます。

なので硬い雪すかしにはアルミ製かスチール製のものを使うといいでしょう。

かわりにアルミ製やスチール製のスコップは、新雪には向かないです。

雪がスコップにくっついてスコップの意味をなさなくなります。

ママさんダンプ

正式には「スノーダンプ」と言うんですね。

こっちではみんな「ママさんダンプ」って言ってますけど。

これは見ればわかるように、大量の雪を一気にどかす時に使います。

 

これも、

  • プラスチック製
  • ポリカーボネート製
  • アルミ製
  • スチール製

それぞれあります。

性質はスコップと同じなので、用途に応じて選ぶ感じですね。

 

ただスチール製だとママさんダンプ自体がでかくて重いので、これで雪を押していくのはかなりの重労働です。

スノーラッセル

ママさんダンプをちょっと小さく軽量化した感じかな。

我が家ではポリカーボネート製のものを使ってます。

新雪とか、かいた雪を一気に運ぶのに便利です。

先が尖ったスコップ

四角いスコップの方が一気に雪をかいていけるので便利ではあります。

が、下の方の圧雪された雪や凍って固くなったところは三角のスコップが便利です。

先端でガシガシ突き刺して固くなった雪を崩していきます。

崩したとこを四角いスコップですくっていくと早く雪掻きできます。

ここは連携プレーが大事になります。

最終手段:除雪機

まぁそれでもこれほどの大雪になると人力では限界があります。

そんな時はやはり除雪機!

除雪機がない場合、田舎ではブルドーザーを発動することも…

ブルドーザーの威力すごいです…

思わずブルドーザーの免許取ろうかなと思ったりします(笑)

車に載せておくべき物

アルミ製かスチール製のスコップ

まぁ基本、雪が積もると道路も大変なことになります。

できれば出かけたくありません。

でもそんなことも言ってられない。

仕事に行かなきゃいけないし、

何より買い物にも行かないと食料がなくなります。

 

雪道を車で出かけるときは危険がいっぱいです。

田んぼに突っ込んだりしたらどうにもならないのでJAFなどを呼ぶしかありません。

これはもう雪で道が全くわからなくなるので仕方ないといえば仕方ない。

できるだけ道を外れないよう慎重に運転するしかないんですね…

 

そして一番多い?のは車がスタックすること。

雪にはまって動けなくなることですね。

 

すぐに助けてくれる人がいればまだいいですが、

一人で雪道にはまって動けなくなったら、かなり不安です。

そして心細い。

しかし悲嘆にくれている暇はありません。

雪が降りだせば更に埋まって、ますます動けなくなる!

日が暮れていけば、気温が落ちて道が凍って更にツルツルになってこれまた動けなくなる!

 

だからこそ一人でも脱出できるよう車に常備しておかなければいけないもの。

それはスコップ!!!

 

あ、先日の福井〜加賀の渋滞は流石にどうにもならないかと…

救援を待つしかない状態だったと思います。

 

ただですね、あれほどではないにしろ、ちょこちょこと雪道にハマる車はいます!

自分も先日一人で車で帰宅中はまって動けなくなってマジで辛かったです…

 

しかし車がはまる原因は大体、雪。

なのでタイヤ周りや車の下の雪を書き出せば動けることが多いです。

 

だからこそ車にスコップ常備!は必須!!!!

それもできればスチール製がいいですよ!

道路の雪はほぼほぼ車で固められていてかったいんです。

融雪とかで水分も含んでいて雪が重くなってます。

そんな雪にはプラやポリカ製のスコップでは歯が立ちません。

 

スキーなどで雪国へ向かわれる方は、是非スコップも忘れずにお持ちください…

スノーブラシ(車の雪下ろし) 

「スノーブラシ」と言うんですね…

車に積もった雪を下ろすやつです。

 

車の雪下ろしはこれがあるとないで労力が違います。

そんな高いものではないのでこれも車に常備しておきましょう。

個人的には伸縮タイプのものがオススメです。

車の屋根雪を下ろすのに楽です。

 

あ、たまに車の屋根雪乗せたまま走ってる車いますが、

あれ危ないですよ。

面倒でも屋根雪も下ろしましょう。

 

じゃないとちょっとした衝撃とか急ブレーキ踏んだときに、

屋根雪がザザザッと落ちてきます!

フロントガラスに!

一瞬で前が見えなくなります!!

マジで危ないです。

下手したら死にます。

 

だから車に乗るときは、フロントガラスだけじゃなく、

屋根雪もしっかり下ろしましょう!

 

新聞紙

車がはまってしまったとき、タイヤがうまく雪を噛めずに空回りしてしまうことも。

そんなとき、タイヤの下に新聞紙を挟むとタイヤにグッと力が入るので動けるときがあります。

ダンボールとか滑り止めマットみたいなのでもいいんですが、厚すぎるとしっかりタイヤに噛まずにダンボールとかだけが飛んでったりしちゃいます。

新聞紙なら厚さ調整もできるし、かさばらないので数日分入れておくと以外に重宝します。

雪掻きする時は

一気にやろうとすると腰や背中を痛めます。

少しづつ上の方からすかして行きましょう。

その際もしっかり足を踏ん張って、なるべく全身使ってやりましょう。

腕だけとかでやるとこれまた変なとこ痛めます。

 

大事なのは無理しすぎないことです。

雪をほかす時はしっかり足を踏ん張って腰を使って投げましょう。

プロテイン?

雪掻きはかなりの重労働です。

全身使います。

全身運動です。

 

ということは、

雪掻きの前にプロテインを飲めば

雪掻きするだけでムッキムキ(笑)

になれるかもしれません

 

冬は運動不足になりがちですが、

雪掻きで運動不足解消&ダイエット?できるかも(笑)