てふてふさんぽ

〜ど田舎のぐうたらフリーランス・デザイナーのゆるゆる雑記帳〜

スマステの「2017秋の最新文房具特集」で紹介されてた文房具まとめ

スポンサーリンク

スマステも残り1回…

とうとう来週の9月23日の放送で終了してしまうんですね…(●´・ω・)サミチィ・・・

第1回から欠かさず見てたけど、そういや番組で紹介されてたののまとめって書いたことないなと思って、もう最後だし、スマステで紹介された文房具達をまとめてみた!

f:id:m-graffiti:20170917210330j:plain

オレンズネロ

シャープペンシルにしては高額な3,000円という価格にもかかわらず売れているというこの「オレンズネロ」。

もともとあった「オレンズ」という商品の改良版らしい。

たぶん「オレンズ」は「折れない」のダジャレだと思うけど(笑)その名の通り、芯が折れないのだそう。

しかも最初に1回だけノックすればあとは芯が出続けるという。

つまり芯がなくなりそうな時にいちいちノックしなくてもいいし、折れた時のイラっと感がなくなるという。

これはちょっと欲しいぞ。

ライフプリント(LifePrint Photo and Video Printer)

これはまさにハリー・ポッター!!

な感じの動く写真が作れるプリンター。

専用の無料アプリが必要だけどアプリは無料だし、何より楽しそう。

プリント用紙も専用の紙が必要だけど、裏がシールになってるからハガキとかにも貼れる。これからなら年賀状とかにもいいかもね。

アプリはこれ。

LifePrint Photos

LifePrint Photos

  • Lifeprint LLC
  • 写真/ビデオ
  • 無料

ふせん「TATETOKO(タテトコ)」

これは欲しい!

いわゆる付箋のノリ部分が下にあって、フィルムタイプになっているので自立する「立てるふせん」。

立ってるから他の書類やノートに紛れることもないし、目立つから見落とさない。

方眼紙タイプとTODOタイプがある。

TODOタイプにその日やることを書いて立てとけばTODOリストとしても使える。これは優れものだな。

おもしろスケール

簡単な製図がひける定規。

丸い筒?のようなとこがローラーになっているので平行線が弾きやすい。さらにメモリがついているので等間隔にも線が引ける。

定規の数字の下に穴が空いているので、ペンを二本使えばコンパスとしても使える。

ファイルしたまま書き込める「KAKERU BOOK」

クリアファイルの常識を覆すよクリアファイルの常識を覆すような書き込めるファイル。

今までのようにクリアポケットに紙を入れるのではなく、上下に紙を挟むフラップがあ理、そこに紙を挟み込む。

上下で紙を挟んでいるのでちゃんとファイルされてはいるけど、中に入れてるわけではないから書き込みも出来る!

この発想の転換はすごい!これは絶対便利だ!欲しい!

しかも挟み込むタイプだからA4サイズのファイルなら見開きにしてA3もファイルできる!

素晴らしい!

2つ折りクリアファイル「コンパック」

A4書類をファイルして、半分に折ってコンパクトに持ち運びができるクリアファイル。

折りたたむ時にクリアポケットがスライドするので2つに折り畳んでも折り目がつきにくい!

3つ折りタイプもありました。

3つ折りになればかなりコンパクトになるし、大きなカバンじゃなくても入るね!

 文房具大賞受賞の「AQUA DROPsクリップファイル」

しっかりした作りなので、ボード面も硬く立ったままでもメモしやすい。

引き出しに取り付ける新しい収納「デスクポケット」

なんと引き出しに取り付ける新たな収納ケース。

確かに机周りはごちゃごちゃするけど、まさか引き出しの前面まで収納スペースにしようとは(笑)

マグネットで簡単に取り付けられるので便利は便利かな。

どちらかというとキッチンとかの方が活躍しそうな感じ。

紙写真をデジタル化できるアプリ「Photo Scan」

昔の思い出の写真をデータで保存したい時に便利。

どうしても紙焼きの写真は年月が経つと色褪せていってしまうしね。

データで綺麗なまま残せるならそれもいいかも。

このアプリの凄いとこは、データ化する写真を撮る時にどうしても写り込んでしまうものや光の反射を自動で補正してくれるところ。

名刺管理アプリ「Wantedly People」

名刺って溜まりますよね。

でも紙のまま置いとくと探すの大変です。かといって自分でエクセルやなんかに打ち込むのもめんどい。そんな時に便利なのが名刺管理アプリ。

「Wantedly People」は名刺を撮るだけでデータ化してくれる。しかも一度に複数の名刺を撮影しても同時に読み込んでくれるそう。

確かにそれは便利かな。

振り返りやすいボイスメモアプリ「Recoco」

Recoco(レココ) 振返りやすいボイスメモ

Recoco(レココ) 振返りやすいボイスメモ

  • Yuji Fujisaka
  • 仕事効率化
  • 無料

会議とか授業の内容をボイスメモに録音しとけばあとで聞き返せるので便利ですが…聞きたい箇所を探すのが大変!

しかし番組で紹介されていたこの「Recoco」。

何がすごいって、なんとボイスメモだけでなく、文字起こし、さらに重要な箇所のタグ付けまでできてしまうという、ちょースグレモノ!

「ここは重要かな」ってとこにタグを付けたり、話題の転換点かなってところにも区切りを入れられる。

あと会議とかだとToDoになりそうなとこも「ToDo」ボタンでやることリストまで作れる!

これらが録音中にできてしまうのだから、すっばらしいね!

ちなみにこのアプリは「ラーニング・イノベーション グランプリ2017」で「最優秀ラーニングイノベーション賞」を受賞したそうです。

ちょっと番外編:文房具専門店銀座・伊東屋の人気文房具ベスト5!

第5位 KITTA

なんとキングジムgキングジムが女子高生tキングジムが女子高生と共同開発したというマステ。

マステをそのまま持ち歩くとかさばる。でも色々持ち歩きたい…

で、生まれたのがこのカードサイズのマステ「KITTA」らしい。

確かにカードサイズならコンパクトで手帳にも挟める。

いろんな柄があるので、飾りだけじゃなく、メモや付箋がわりにも使えるか。

第4位 ベロウズペンケース

ペンケースの中にはジャバラ式のポケットが収納されている。

確かにこれなら整理しやすいし、中でごちゃごちゃしないから使いたいものがすぐに見つかる。

内部にメッシュポケットもあるから、付箋なんかも入れられるね。

ペンケースではあるけど化粧ポーチとしても使えるんじゃないかな。

第3位 ドキュメントバッグ「KaTaSu」

立たせて使えるドキュメントバッグ。

ファスナーを開けて上部をくるりとめくると書類バッグが自立するので、書類やファイルを立たせて入れておける。散らからない上に探しやすい。

ファスナーを閉じればバッグ?になるから持ち運びにも便利。

カバンにそのまま入れられるし。

第2位 リーガルスティッキーロールメモ

裏面が全面のりタイプなので好きな長さにカットして使えるメモ。

よく見るリーガルパッドが付箋に。アメリカの法曹界でこのデザインのノートがよく使われていたからリーガルという名前がついたそうですね。

切り口は「ストレート」と「ジャギー」の2種類。

第1位 2wayハサミ「ハコアケ」

段ボールなどの荷物を開ける時に、紐などを切るのはハサミ、でもガムテープを取る時はカッターで切った方が楽。ハサミを開いて切ってもいいけど切りにくかったりちょっと危なかったりで。

そんな時はハサミとカッター両方あれば便利。でもいちいち持ち帰るのもめんどい。

しかしこの2wayハサミ「ハコアケ」はその両方の機能を持ち合わせた便利なハサミ。

本体のスイッチをスライドすると約1mmの刃が出てくるので、ハサミの刃を閉じたままスーっと引くだけでダンボールを開梱することができる。

しかもハンドルの握りを緩めると自動的にハサミモードになって、刃が出しっぱなしにならないから安心。

本当に最近の文房具は痒いところに手が届きまくりだね!

まとめ

なかなか文房具やさんには頻繁に行かないけど、今まではスマステで春と秋など定期的に最新文房具の特集をやってくれたりしてたので、そこで情報を得ていたのにそれがもう出来なくなるのか…

他にも最新家電とか、おすすめバスツアーとか(何故かスタッフが行ってたけど)面白かったな。

 

もうここ最近はやらなくなったけど、初期のベラベライングリッシュとか、吾郎ちゃんの映画コーナーとか楽しみにしてたなー。

ベラベラブックは2冊とも買いましたよ。

これで覚えたのがまんまアメリカで使えたりして凄い重宝したよ。

あー本当にあと1回で終わっちゃうのか……

 

最終回は「名物企画!秋の最新行列グルメ待ち時間ランキング」らしいけど、やっぱり最後まで慎吾と大下アナは試食できないのかな(笑)

最後だし食べさせてあげたい気もするが、やっぱりスマステは何故かメインMCが食べれないというままでいて欲しい気もする(笑)

 

あぁそして土曜の夜の楽しみがまた1つ減ってしまうのか…(´・ω・`)