読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てふてふさんぽ

〜ど田舎のぐうたらフリーランス・デザイナーのゆるゆる雑記帳〜

Macの連絡先カードをCSVファイルに変換してみよう

スポンサーリンク

これまで「はがきデザインキット」は便利だよ!っといってきたけど、そもそも住所録を取り込もうと思ったら、CSVファイルが必要です。

Macの連絡先アプリから「CSV書き出し」すればよくね?と思ったら、なんと連絡先アプリはCSV書き出しができない!!

えーってなるけど、大丈夫。

ちょっと一手間いるけど連絡先アプリに登録してあるデータをCSVファイルにできますよ!

 

 

そもそもCSVファイルとは?

CSVは、「Comma Separated Value」の略で、Comma(カンマ)で Separated (区切った)Value(値)のことです。

「カンマで値を区切ったもの」が入力されたテキストファイルなので、カンマ区切りファイルともいいます。

ファイルの拡張子は「.csv」です。

そのままクリックしてメモ帳で開くこともできます。

データをカンマで区切って並べただけのテキストファイルなので、それ自体はすっごい見づらいです。

ただ、様々なアプリケーションで読み込むことができるので、データを移行する時なんかにによく使われてます。 

まずは連絡先をエクスポートします。

連絡先アプリを起動します。

f:id:m-graffiti:20170215125034j:plain

丸っと全部書き出すなら「すべての連絡先」を選びます。

グループごとに書き出すこともできるので、その時は左メニューから書き出したい連絡先グループを選択します。

 

次に、上部メニューの「編集」→「すべてを選択」をクリック。

もしくは、ショートカットキーの「Command + A」で書き出したい連絡先グループを全選択します。

 

すると、連絡先のすべてのカードが選択された状態になります。

連絡先をvCardで書き出す

f:id:m-graffiti:20170215125418j:plain

上部メニューの「ファイル」から「書き出す」→「vCardを書き出す」をクリック。

 

f:id:m-graffiti:20170215125906j:plain

ファイル名と保存先を選んで「保存」をクリック。

すると選択した保存先に連絡先がエクスポートされます。

vCardをCSVファイルに変換する

次に「vCard to CSV Converter」サイトへ行きます。

www.unc.edu

 

 

f:id:m-graffiti:20170215130607j:plain

そしたら、先ほど出力したvCardを選択し、フォーマットを「CSV」「Comma」を選択します。

  • vCard-Flile:「ファイルを選択」をクリックした先ほど出力したvCardを選択
  • Format:「CSV」、「Comma」、を選択、「Add Header Line」にチェック
  • Encoding:Unicode (UTF-8)
  • Filter:特に何も変更しなくてOK
  • Modifications:特に何も変更しなくてOK

 オプション等、設定が終わったら「convert」をクリック。

すると、「CSVファイル」がダウンロードされます!

 

あとはダウンロードされた「CSVファイル」をインポートしたいソフトで取り込めばOKです。

簡単だったでしょ?

 

ただね〜、連絡先アプリから直で「CSVファイル」書き出しできると楽なんだけどな〜。

そのうち実装してくんないかなーρ(-ω- )