読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てふてふさんぽ

〜ど田舎のぐうたらフリーランス・デザイナーのゆるゆる雑記帳〜

狐の嫁入りは晴れた日に降る雨。じゃあ雪が降ったらなんて言う?

スポンサーリンク

先日、久々に晴れたな〜と思ったら、雪がちらついてました。

そういえば、晴れた日に降る雨は『狐の嫁入り』と言うけど、じゃぁ晴れた日に降る雪はなんと言うんだ?
とちょっと疑問に思ったので調べてみたよ。

 

 

晴れた日に降る雪は『風花(かざはな)』

あー、そういえばなんか聞いたことあります。

一応、コトバンクによると 

風花とは、

晴天の空から雪が降ってくる現象。高い山の風下側で,山越えの風に乗って雪片が飛来することが多い。降雪の雲の本体は風上側に残され,風下は乾燥した下降気流が卓越するために晴天となり,雪片だけが舞ってくる。

風花(かざはな)とは - コトバンク

ということらしい。

やや小難しく聞こえるけど、

晴れた日に降る雪は『風花』ね!

 

晴れているのに、ちらちらと舞うように降ってくる雪は、花びらのように見えますしね。

だから風の花で『風花』か。

キレイな言葉ですね。

冬の季語としても使われてるみたいです。

 

もっとも、『風花』で降る雪は、積もるような雪じゃなくて、ちらつく程度の雪のことになるみたいですけどね。

まぁ積もるような雪なら、完全に天候は『雪』!ですからね。

 

晴れた日に降る雨は、『狐の嫁入り』とも言うんだから、

晴れた日に降る雪は、『狸の嫁入り』じゃダメなんか?

と思ったら、どうやら関西の一部地域では『狸の嫁入り』と言うらしい。

そうだよねぇ、『狸の嫁入り』でもいいよねぇ。

 

 

っで、そういやなんで『狐の嫁入り』って言うのかなっと思って調べてみたけど、ちょっと長くなっちゃったから別記事にまとめます(`・ω・´)ゞ