てふてふさんぽ

〜ど田舎のぐうたらフリーランス・デザイナーのゆるゆる雑記帳〜

時間管理は手書きであっていたことがわかってホッとした

スポンサーリンク

 以前、「タスク管理はアナログが一番ラクかもしれない」という記事を書き、手書きの正当性を述べておりましたが、アプリ管理できないのは、単に自分が面倒臭がりであるということも結構な要因ではないかと思っていました。

www.tefutefusanpo.net

 

 

が!

「時間管理で重要な行動記録の習慣化には手書きがベスト」なる記事を発見!!

しかも手書きのメリットをわかりやすく書かれている。

そうなんです、こーゆーこと言いたかったんです。

 

bamka.info

 

「時間管理大事だよね〜」

と思いながら、時間管理アプリを探し、広大なるネットの海を彷徨っているうちに、1時間、2時間、3時間・・・と時間を費やしてしまう・・・

 

そして

「よし、これ使ってみよう!」

と決めても、まずはダウンロードして設定して・・・

と使い始めるまで多少なりとも時間がかかる。

 

さらに、アプリの使い方なんかを、
別にものすごく知りたいわけでも、
早急に調べなきゃいけないわけでもないのに、
ついつい再びネットの海へと彷徨い出してしまう・・・

 

原因はわかってますよ。

単にやる気が起きないだけで、色々言い訳を作り出し、先延ばしにしているんですよ。

そしてギリギリになって後悔するという・・・

 

それじゃダメだ!
と思い、なんだかんだ手書きがラクだし、チャチャッと書き出すだけで時間かかんないし、最近はタスク管理はほぼ手書きです。

 

あ、別にアプリとかでタスク管理をすることを否定してるわけではないです。

ただ、自分のようにズボラ、というか面倒臭がりな人はまずは手書きからがいいのではないかと。

 

そんなわけで、まずは手書きから始めるのがいいよという記事を見て、

「あ、よかったー間違ってはなかったんだぁ」

と思ったよ、というだけなんですけどね(・・。)ゞ テヘ