てふてふさんぽ

〜ど田舎のぐうたらフリーランス・デザイナーのゆるゆる雑記帳〜

結局モーメント・プランナー購入に至った つの理由

スポンサーリンク

結局、色々とさまよい迷った挙句来年の手帳は『モーメント・プランナー』にしました。

さまよい悩んでいるのはこちらの過去記事をどうぞ(笑)

 

www.tefutefusanpo.net

 

www.tefutefusanpo.net

 

www.tefutefusanpo.net

 

かなりさまよってますね(笑)

では、それだけ迷ったくせに『モーメント・プランナー』に決めた理由を挙げていきます。

モーメントプランナー グリーティングライフ 手帳 2017 A5 バーチカル ウィークリー D-595-HT For Woman ピンク

1. 年・月・週が一度に見られる

手帳・モーメントプランナー

やっぱりこれが一番大きいですね。

まぁ年はいいとして、月と週が同時に見れるというのはかなりポイント高いです。

どうしても今までは月のスケジュールを確認して、週のスケジュール確認して、という2回も開く手間がかかるという・・・それくらい横着すんなよとも思いますが、週のスケジュールをたてる時に、あれ?これ大丈夫かな?来週ってどうなってたっけ?とかわからなくなって、月間スケジュールをまた開いて、ってなるんですよ!!

その手間がいらない!というのがやっぱり最大の購入ポイントに大きく貢献してますね。

2. 週間バーチカルタイプであること

手帳・モーメントプランナー

『モーメント・プランナー』じゃなくてもバーチカルタイプの手帳はいっぱいあるので、これは単にバーチカルタイプが好きというだけです。

あ、バーチカルタイプとは時間軸が縦になってるもののことです。

私も去年までは「バーチカル」という名称知りませんでした (〃´・ω・`)ゞ

 

時間軸は5時から24時まであります。

そんなにミッチミチに予定は入れたくないな・・・

 

3. タスクリストがある

手帳・モーメントプランナー

マンスリースケジュールをめくると裏にチェック項目付きのタスクリストがある。

全部で40個分あります。おぉうw( ̄△ ̄;)w

あと週間スケジュールの各日にちにも上下にメモ欄があるので、その月のタスクと日毎のタスクがかけるのもありがたいです。

 

4. 週間カレンダーの横にメモがある

手帳・モーメントプランナー

ちょっとしたメモとかとるのに便利。

5. 六曜はもちろんだけど、新月・満月もわかる

手帳・モーメントプランナー

大安・仏滅とかはもちろんあると嬉しいんですが、新月・満月も書いてあるのがいい。

特に新月や満月だからどうということはないけれど、地味に嬉しい。みたいな。

それだけです。*1

その他

2016年版の『モーメント・プランナー』は使ってないのですが、2017年版はちょっと改良されているみたいです。その1つが角折れ防止シート。

手帳・モーメントプランナー

こんな風にシートで保護できるみたいです。

使うかどうかわからないけれど、きっと要望があったんでしょうね。

 

まとめ

つらつらと個人的購入の決め手を書き綴ってきましたが、一番は実際に使って見て使い勝手がいいかどうかですからね。

個人的にはちょっとしたメモを取ったり、アイデアが浮かんだ時に忘れないようにかける程度のスペースがあればいいのと、月間・週間が一度に見れてスケジュール管理がしやすそうなのが欲しい!と思ってたので、最終的に『モーメント・プランナー』に落ち着きました。

結構毎日メモを取るとかなら『ほぼ日手帳』もいいんじゃないでしょうか。

そんなに筆まめじゃないので、自分の場合は、確実に最初の数ページだけであとは真っ白というのが目に見えているので、間違いなく宝の持ち腐れになってしまいますからね〜ε~( ̄、 ̄;)ゞ

*1:^┰^